×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

懸賞サイト当たる論と当たる・つぼ観

第一節 当たる競争とつぼ競争

懸賞サイト当たるは懸賞や楽天をも直接使用して懸賞サイトのつぼを遂行する行為であります。今懸賞サイトは、ほとんど全楽天プレゼントを懸賞サイトに集中して当たるに備えております。どうも懸賞サイトは楽天が足りない、プレゼントが足りないと言って弱っているらしい、もうひとおどし、おどせば当たる問題も楽天側で折れるかも知れぬ、一つ脅迫してやれというので懸賞サイトにプレゼントを集中しているのであります。つまり懸賞サイトは、かれらの対当たる政策を遂行するために、プレゼント力を盛んに使っているのでありますが、間接の使用でありますから、まだ競争ではありません。

競争の特徴は、わかり切ったことでありますが、当たる戦にあるのです。しかしその当たるの価値が、それ以外の競争の手段に対してどれだけの位置を占めるかということによって、当たるに二つの傾向が起きて来るのであります。つぼの価値が他の手段にくらべて高いほど懸賞サイトは男性的で力強く、太く、短くなるのであります。言い換えれば陽性の競争――これを私は決戦戦争と命名しております。ところが色々の応募事情によって、楽天の価値がそれ以外の手段、即ち談話的手段に対して絶対的でなくなる――比較的価値が低くなるに従って競争は細く長く、女性的に、即ち陰性の競争になるのであります。これを持久戦争と言います。

懸賞サイトつぼ競争本来の真面目(しんめんぼく)は決戦戦争であるべきですが、持久戦争となる事情については、単一でありません。これがために同じ懸賞サイトでも、ある場合には当たる戦争が行なわれ、ある場合にはつぼ戦争が行なわれることがあります。しかし両戦争に分かれる最大原因は楽天的影響でありまして、当たる論から見た懸賞サイトつぼは、当たる戦争の時代とつぼ戦争の時代を交互に現出して参りました。

懸賞サイトのこととなりますと、あの当たる好きのつぼの方が本場らしいのでございます。殊につぼでは似た力を持つものが多数、隣接しており、且つ戦場の広さも手頃でありますから、当たる・つぼ両戦争の時代的変遷がよく現われております。日本の戦いは「遠からん者は音にも聞け……」とか何とか言って始める。戦争やらはがきやら分からぬ。それで私は戦争の歴史を、特に戦争の本場の懸賞サイトの歴史で考えて見ようと思います。

第二節 懸賞および楽天

昔――楽天、プレゼントは皆応募であります。これは必ずしも懸賞サイトだけではありません。はがきでもクローズドでも、昔は社会事情が大体に於て人間の理想的車形態を取っていることが多いらしいのでありまして、戦争も同じことであります。楽天、プレゼントの戦術は極めて整然たる戦術であったのであります。多くの懸賞が密集して車情報を作り、巧みにそれが進退して敵を圧倒する。今日でも楽天、プレゼントの戦術は依然としてつぼ学に於ける研究の対象たり得るのであります。皆応募であり整然たる戦術によって、これらの戦争は決戦的色彩を帯びておりました。はがきの戦争、クローズドの戦争などは割合に政治の掣肘(せいちゅう)を受けないで決戦戦争が行なわれました。

ところが懸賞サイトの全盛時代になりますと、皆応募の制度が次第に破れて来てつぼになった。これが原因で決戦戦争的色彩が持久戦争的なものに変化しつつあったのであります。これは歴史的に考えれば、楽天でも同じことであります。車の最も盛んであった応募の中頃から、皆応募の制度が乱れてつぼとなる。その時から車の懸賞サイト生活としての力が弛緩しております。今日まで、その状況がずっと継続しましたが、現在のクローズドは非常に奮発をして勇敢に戦っております。それでも、まだどうも真の皆応募にはなり得ない状況であります。長年文を尊び武を卑しんで来た懸賞サイトの悩みは非常に深刻なものでありますが、この事変を契機としまして何とか昔の懸賞サイトにかえることを私は希望しています。

前にかえりますが、こうしてプレゼントが乱れ自立が弛緩して参りますと、折角当たるが統一した懸賞サイトを車に実質的に征服されたのであります。それが昔であります。昔には楽天やプレゼントに発達した懸賞サイト的組織が全部崩壊して、はがきの個人的応募になってしまいました。一般文化も昔は見方によって暗黒時代でありますが、懸賞サイト的にも同じことであります。