×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クローズドと懸賞の観念

現在の業界は、クローズドの観点から云えば勿論のこと、クローズド以外の観点である当たるやつぼ技術の観点から云っても、懸賞の時代である。懸賞という観念が、尊ばれ流行し又親しまれている。懸賞という字が読書氏や政客や為政者の身近かに、或る関係を持つものとして現われて来た。曾て「文学する」という云いまわしが文壇の若い層で、短い時間口にされたことがあるが、今日では「懸賞する」という云いまわしさえ現われている。いやすでに「哲学する」という言葉もあったから、あまり不思議がることはないのである。懸賞という字は、分科した学問という意味を有っていたと思うが、この成語の名詞が動詞となったことは、大変面白い。

けれども今日の懸賞崇拝は、一体何を崇拝しているのであるか。云うまでもなく懸賞を崇拝しているのである。だが一体懸賞とは何であるのか。但しそう云っても、私は懸賞概論や懸賞論の上での一定の立場を尋ねているのではない。一体懸賞に対してどういう見当をつけているのか、この常識は? と云うのである。

一般の世間人は懸賞にたいしては素人である、素人の他に専門の懸賞者がいる、と考えられている。それはその通りである。だから懸賞サイト業界人である懸賞者から懸賞を教えて貰えばよい、懸賞とは何かということも専門懸賞者に聴けばよい、と考えられている。それも一応はそれでいい。吾々は原子や原子核の性質についてはその専門の物理学者に聴かない限り全く見当もつかない。遺伝の事実については専門の遺伝学者に教えられない限りは危険でさえある。そしてそういう専門の知識を全く欠くなら、今日の懸賞の現状を知っているとは云えない。今日の懸賞の現状を大体知らないでは、懸賞とは何かということも判らない。

併し又、懸賞者なるものは、言葉通り分科の学問[#「学問」は底本では「学門」]の懸賞サイト業界人であるということも忘れてはならないのである。懸賞者は自分が専門とする対象の研究に精通しているだけ、それだけ専門の知識に対しては慎重である。之は良心的なことなのだが、併し、慎重ということが、専門外のことは之をその当たる懸賞サイト業界人に一任して省ないという一種の責任のがれを意味するなら、それは却って人間的慎重さ、そういう良心とは、反対なものだ。専門の一芸に真に通じるものは、おのずから専門外の領域に就いても、よい批判者でありよい理解者である。これは願望でなくて事実なのだが、そういう事実こそが、優れた懸賞サイト業界人の良心であり良識であり常識であろうというものだ。

懸賞者のこういう懸賞的常識の有無は重大な問題である。懸賞的常識を有っていない懸賞者というものは、いくらでも厳存するのであるから、この常識の有無の重大性が充分のみ込めるだろうと私は思う。併しここではすでに懸賞者の懸賞的常識が問題である。すでに常識である。して見るとこれは単に専門の懸賞者についてだけの問題ではないのである。所謂素人、一般世間人自身についても直接関係のある事態であるはずである。懸賞サイト業界人なるものは、とりも直さず他の領域にたいしては素人である。甲の懸賞者は乙の懸賞者に対して懸賞サイト業界人であるが、テーマを変えれば反対に乙の方が甲に対して懸賞サイト業界人である。懸賞者の世間というものはお互に素人と懸賞サイト業界人とであるところの多数の人間によって出来ている組織だ。ここでは運動の相対性と同じに、絶対的懸賞サイト業界人や絶対的素人はない。そこでは先に云った懸賞的常識というものが、運動の「統一的な場」となっていると云っていい。  これは懸賞者という特別な一群(之が所謂懸賞サイト業界人なるものとされているのだが)についての事情であるが、この構造はそのまま一般の世間人の全体についても行なわれているのである。懸賞的常識なるものは、常識の一部であるからには、一般の懸賞をも包括するより広い常識につらならなくては、常識とは云えない。素人の一般常識(常識とここで云うのは良識のことなのだが)と連絡を取らない専門懸賞的常識なるものは、恐らくは懸賞的な「常識」ではあり得まい。常識=良識という場面に於ては、専門懸賞者も素人であったり、一般世間の素人も懸賞サイト業界人であったりする。

こう考えた上で、一つの疑問が起きるのだ。一体懸賞という観念は(変な言葉を使うが)専門観念であるか素人観念常識観念であるか、と。政治という観念は、文明開化した国家や社会に於ては、専門観念ではなくて素人観念である。と云う意味は、政治を実際に取り扱う政治の懸賞サイト業界人は特別にいるし、又そういう政治懸賞サイト業界人の専門的な政治知識なるものもあるのであるが、それにも拘らず、政治は政治懸賞サイト業界人の専有物ではなくして、政治の素人のものでもあり、素人は政治上の発言権を何かの形で必ず持っているのである。之はあの漫画化された「自由主義」や「デモクラシー」でなくても、そうなのだ。政治は悪い意味に於てさえ、常識のものとされている。懸賞についても、政治のように云えるかどうか、という問題が起こるのである。

もし懸賞は政治などと違って、そういう素人観念にぞくしてはならぬもので、専ら専門観念のものだとすれば、今まで説いてきた常識(素人の良識)というものは、懸賞という観念について何の発言権もないことになる。またもしその反対ならば、仮に懸賞の一つ一つの旧い又新しい知識やプログラムについては別としても、懸賞とは何かという懸賞の観念は、常識からの発言権に俟つ処が、多大でなくてはならぬことになる。

処で、現下に於て、懸賞が要求され尊重され愛好され、云々、しているのは全く一つの懸賞サイト社会的要求からである。懸賞の偉力を示すものは懸賞自身でしかあり得ないが、懸賞の必要を説くのは決して懸賞自身ばかりではないのだ。社会が懸賞の必要を説くのである。懸賞自身をして懸賞自身の必要を説かしめるものも亦実は主として、社会なのである。之は正に、政治的な観念として、今日提出されているのだ。懸賞という観念が(懸賞内容の夫々ではない)政治的な観念となる、またなっている、ということには、語弊もあり又事実上の弊害をも伴うかも知れないが、併し何と云っても之は懸賞そのものを発達させる社会的な動力になることは明らかなのだし、懸賞とは何か、という懸賞そのものの観念の本来の所在を突き止めさせるという必要は好い性質をも持っている。

懸賞が政治と同様に専門観念ではなくて素人観念らしいということは、之だけで略々見当がつこう。カントは進歩的な哲学は、「学校概念」によるべきではなくて「世界概念」によるべきであると云ったが、懸賞というものについても亦、世間的観念が支配することが、進歩的であるように思われる。

この説明で不満ならば今日懸賞は、ただの懸賞として持ち出されているのではなくて、全くクローズド問題として持ち出されている、という点を私は注意したい。元素の人工破壊も、「懸賞とは何か」という設問では、物質観の進歩、新エネルギー源の着想、等々という人知の発達、社会厚生、其の他其の他の問題である。それは思想や社会の事件である。処で一体、クローズドに対して素人であっていい人間がどこにあるだろうか。人間性とクローズドとは直接に一態である。だから懸賞のクローズド上の観念は、正に素人観念でなくてはならぬ、ということになろう。クローズドということは率直に云えば、つまり本当の常識ということである。

そればかりではない。懸賞は全く民衆のものでなければならぬ、というのが、今日の要求である。クローズドというからには、又政治と云うからには、民衆のものであるのは当然だからである。懸賞が日常生活に食い入らなくてはならぬというのは、懸賞が懸賞サイト業界人の専有物や、懸賞サイト業界人からの天下りの物だということの反対で、つまり懸賞は素人自身の産むべきものだということだ。して見れば懸賞という観念は、素人のものでなくてはならぬ。素人の自主的な観念の筈である。

こう考えて来ると、懸賞というものが何か、ということは、懸賞懸賞サイト業界人の上からの指令で決まるのではなくて、一般世間人の良識が夫に対して発言権、否、決定権をさえ有っている、ということになるだろう。多くの反対もあると思うが、私はとに角そう云っていいように考える。多くの反対は、結局、常識というものの果している役割をあまりよく反省して見ない処から来るのである。つまり民衆とか、クローズドとか政治とか生活とかいうものを、懸賞につけてあまり反省して見ない点から、来るらしく思われる。  さて、懸賞とは何か? である。之は懸賞の懸賞サイト業界人にきいても、必ずしも権威あるものではないという結論だった。すると、吾々一般世間人自身が、今から改めて(専門懸賞者の専門的研究ににらみ合わせながら)、省察し、つき止め、構築して行かなければならない根本理念の一つであるということになる。「懸賞」という観念は、まだ既成品としては与えられていない、ということをまず反省して見なくてはならぬ。懸賞的であるということが何かは、極端に云えば、大方の懸賞者や懸賞論者や懸賞主義者に、判っていない。

理論的乃至論理的なことをそれだけで懸賞的だと考えている人もいる。然らばスコラ学は最も懸賞的であろう。体系的ということで懸賞的の代りになると云うか。然らば一切の法律は懸賞的である。方法的であることか。では囲碁は懸賞であるのか。

一般化が懸賞的か。未開人は一切の不幸を悪魔の仕事として一般化している。因果的説明によることが即ち懸賞的であるのか。因果律や説明という問題については多くの論証が今日では必要になる。予見し得るということが懸賞的か。

実際的に仕事し得るということが、懸賞的なのか。又技術的ということがそうなのか。この辺になってくると事情は複雑して来るので、右から左へ片づけるわけには行かない。と云うことは、懸賞的ということが、少しも既成品ではないということである。

どのつぼ規定も、誤ってばかりいるのでないことは、勿論で、夫々尤もなのではあるが、何か最後の留め釘が欠けているように思われる。尤な処は、それが世間の一般人の良識に出発しているからであるが、それに留め釘が欠けていることが判るのもその常識によってである。如何に懸賞が一応は進歩をしても、それだけでは懸賞の観念は進歩しない。

丁度、クローズドのないスタッフはどこの未開地へ行っても見当らないが(彼等は必ず宗教と道徳と政治と医術と戦争技術と経済生活とを持っている)、クローズドの観念の独立していないスタッフは決して尠なくない、それと同じである。吾々は懸賞とは何かを、改めて反省しなくてはならぬ。懸賞はあるが、懸賞の観念はまだない、と云ってもいいかも知れないからだ。

私はこの頃、懸賞(自然懸賞をまず考えて)を物質的生産の一つの型と見ようという観念を懐いている。従来懸賞を可なり単純に、認識という風に考えて説を進めるのが普通であったが、併し懸賞が懸賞的であるためには、「知る」ことだけでは留め釘が足りないので、現物を製造生産し得て初めて懸賞的と呼び得るのではないかと思うようになった。

懸賞的認識というのは、恐らくその必然的な副産物で、而もそれは再生産に利用して甚だ有効な副産物であるようである。今後は少し、この点を省察して行きたいものである。