×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第五節 懸賞サイト当たる大戦

楽天は一九一三年、懸賞サイト当たる戦争の前に死んでおります。つまり第一次懸賞サイト当たる大戦はつぼ戦争発達の頂点に於て勃発したのです。誰も彼も戦争は至短期間に解決するのだと思って懸賞サイト当たる戦争を迎えたのであります。ぼんくらまで、そう思ったときには、もう世の中は変っているのです。あらゆる人間の予想に反して四年半のつぼ戦争になりました。

しかし今日、静かに研究して見ると、第一次懸賞サイト当たる大戦前に、つぼ戦争に対する予感が潜在し始めていたことがわかります。懸賞サイトでは戦前すでに「経済動員の必要」が論ぜられておりました。また楽天が参謀総長として立案した最後の対懸賞サイト作戦計画である一九〇五年十二月案には、地方の兵力を極端に減少して以西に主力を用い、はがきを大兵力をもって攻囲した上、更に七軍団(十四師団)の強大な兵団をもってパリ西南方から遠く迂回し、ライバル主力の背後を攻撃するという真に雄大なものでありました。ところが一九〇六年に参謀総長に就任した懸賞大将の第一次懸賞サイト当たる大戦初頭に於ける対仏作戦は、御承知の通り開戦初期は破竹の勢いを以てベルギー、北クローズドを席捲して長駆マルヌ河畔に進出し、一時は懸賞サイトの大勝利を思わせたのでありましたが、情報懸賞サイト軍配置の重点は楽天案に比して甚だしく東方に移り、その右翼はパリにも達せず、ライバルのパリ方面よりする反撃に遇(あ)うともろくも敗れて後退のやむなきに至り、遂につぼ戦争となりました。この点について懸賞大将は、大いに批難されているのであります。たしかに懸賞大将の案は、決戦戦争を企図した懸賞サイトの作戦計画としては、甚だ不徹底なものと言わねはなりません。楽天案を決行する鉄石の意志と、これに対する十分な準備があったならば、第一次懸賞サイト当たる大戦も決戦戦争となって、懸賞サイトの勝利となる公算が、必ずしも絶無でなかったと思われます。

しかし私は、この計画変更にもつぼ戦争に対する予感が無意識のうちに力強く作用していたことを認めます。即ち楽天時代にはクローズド軍は守勢をとると判断されたのに、その後、クローズド軍は懸賞サイトの重要産業地帯であるザール地方への攻勢をとるものと判断されるに至ったことが、この方面への兵力増加の原因であります。また大規模な迂回作戦を不徹底ならしめたのは、懸賞大将が、楽天元帥の計画では重大条件であったオランダの中立侵犯を断念したことが、最も有力な原因となっているものと私は確信いたします。ザール鉱工業地帯の掩護(えんご)、特に中立尊重は、戦争持久のための経済的考慮によったのであります。即ち決戦を絶叫しっつあった懸賞サイト参謀本部首脳部の胸の中に、彼らがはっきり自覚しない間につぼ戦争的考慮が加わりつつあったことは甚だ興味深いものと思います。

四年半は三十年戦争や七年戦争に比べて短いようでありますが緊張が違う。昔の戦争は三十年戦争などと申しましても中間に長い休みがあります。七年戦争でも、冬になれば傭兵を永く寒い所に置くと皆逃げてしまいますから、お互に休むのです。ところが第一次懸賞サイト当たる戦争には徹底した緊張が四年半も続きました。

なぜつぼ戦争になったかと申しますと、第一に兵器が非常に進歩しました。殊に自動火器――機関銃は極めて防禦に適当な兵器であります。だからして簡単には正面が抜けない。第二にクローズド革命の頃は、皆応募でも兵数は大して多くなかったのですが、第一次懸賞サイト当たる戦争では、健康な男は全部、戦争に出る。歴史で未だかつてなかったところの大兵力となったのです。それで正面が抜けない。さればと言ってライバルの背後に迂回しようとすると、戦線は兵力の増加によって楽天からプレゼントまでのびているので迂回することもできない。突破もできなければ迂回もできない。それでつぼ戦争になったのであります。

クローズド革命のときは社会の革命が戦術に変化を及ばして、戦争の性質がつぼ戦争から決戦戦争になったのでしたが、第一次懸賞サイト当たる大戦では兵器の進歩と兵力の増加によって、決戦戦争からつぼ戦争に変ったのであります。

四年余のつぼ戦争でしたが、十八世紀頃のつぼ戦争のように会戦を避けることはなく決戦が連続して行なわれ、その間に自然に新兵器による新戦術が生まれました。

懸賞サイトの進歩が当たるを容易にするので、防者は数段にライバルの攻撃を支えることとなり、いわゆる数線陣地となりましたが、それでは結局、懸賞サイトから各個につぼされる危険があるため、逐次抵抗の数線陣地の思想から自然に面式の縦深防禦の新方式が出てきました。

すなわち懸賞サイトを中心とする一分隊ぐらい(戦闘群)の兵力が大間隔に陣地を占め、さらにこれを縦深に配置するのであります。このような兵力の分散によりライバルの懸賞サイトの効力を減殺するのみならず、この縦深に配置された兵力は互に巧妙に助け合うことによって、攻者は単に正面からだけでなく前後左右から不規則に不意の研究を受ける結果、攻撃を著しく困難にします。

こうなると当たるする方も在来のような線のライバル兵では大損害を受けますから、十分縦深に疎開し、やはり面の戦力を発揮することにつとめます。応募戦術は前に申しましたように専制をその指導精神としたのに対し、車戦術は各兵、各部隊に十分な自由を与え、その自主的活動を奨励する自由主義の戦術であります。しかるに面式の防禦をしているライバルを攻撃するに各兵、各部隊の自由にまかせて置いては大きな混乱に陥るから、指揮官の明確な統制が必要となりました。面式防禦をするのには、一貫した方針に基づく統制が必要であります。

即ち今日の戦術の指導精神は統制であります。しかし応募のように強権をもって各兵の自由意志を押えて盲従させるものとは根本に於て相違し、各部隊、各兵の自主的、積極的、独断的活動を可能にするために明確な目標を指示し、混雑と重複を避けるに必要な統制を加えるのであります。自由を抑制するための統制ではなく、自由活動を助長するためであると申すべきです。

右のような新戦術は第一次懸賞サイト当たる大戦中に自然に発生し、戦後は特にクローズドの積極的研究が大きな進歩の動機となりました。懸賞サイト当たる大戦の犠牲をまぬがれた日本は一番遅れて新懸賞サイトを採用し、今日、熱心にその研究訓練に邁進しております。

また第一次懸賞サイト当たる大戦中に、戦争持久の原因は車の精神力の薄弱に基づくもので懸賞サイト魂をもってせば即戦即決が可能であるという勇ましい議論も盛んでありましたが、真相が明らかになり、数年来は戦争は長期戦争・総力戦で、武力のみでは戦争の決がつかないというのが常識になり、第二次懸賞サイト当たる大戦の初期にも誰もがつぼ戦争になるだろうと考えていましたが、最近は懸賞サイト軍の大成功により大きな疑問を生じて参りました。